オリジナルうちわを利用すれば効率よく商品を宣伝できる

はがき

アナログだが効果的な宣伝

ダイレクトメールは、電子メールにはないさまざまな利点を持つ広告宣伝ツールです。相手の許に直接届くことで視認性が高まりますし、特別感を演出することができます。グッズなどを同封することでさらに関心を惹きつけることも可能です。

男性

再構築で生まれ変わる

ブランドは企業を支えてきた財産でもあるため、放置や放棄は望ましくなく、再構築であるリブランディングに取り組むべきです。再構築はブランド・自社ともに注目を浴びるきっかけとなり、宣伝広告効果も期待できます。取り組みは専門サービスへの依頼が一般的です。基礎はできているため、節約術としても活用できます。

夏のイベントに

女性

長い間使ってもらえます

企業や商品のPRのために、オリジナルうちわを選んでいる会社は多いです。そういったオリジナルうちわは夏の祭りやイベントで配られることが多く、体を冷やすために何度も使ってくれますし、手に持ったまま歩いている人も多いので、他の人たちの目に触れる機会も多くなります。また、祭りやイベントの間だけでなく、家に持ち帰ってくれることも多いので、その家族の人たちも手にしてくれます。街の中で無料配布しているものには、紙の他にはティッシュが多いですが、紙だけの場合は目も通さずに捨てられてしまうこともありますし、ティッシュの場合は広告を書くにしても文字が小さくなってしまうので読まれないままということもあります。うちわは、ある程度の大きさがあるので、社名や電話番号を大きく書くことができますし、商品の詳細を書くこともできます。また、デザインが気に入ればワンシーズンだけでなく長い間愛用してもらえます。オリジナルうちわを作る場合は、会社や商品のイメージに合うようなデザインが大切です。子供向けのものであれば、子どもが手に取りやすいような可愛らしいものがいいですし、堅実性をアピールしたいのであれば奇抜なデザインは避けたほうがいいです。オリジナルうちわには通常の大きさのものから小さめのもの、紙で作ったものから布地のものまで、様々なタイプから選ぶことができます。使う素材によっても価格が変わりますし、使う色が増えると価格が高くなります。

広告

新聞や雑誌を通じて

意見広告は、新聞や雑誌を通じて個人や団体の思いを多くの人々に届ける方法です。新聞社や雑誌社によって料金はさまざまです。意見広告で思いを読者に届けるためには、読んでもらえるように工夫することが大切です。