オリジナルうちわを利用すれば効率よく商品を宣伝できる

新聞や雑誌を通じて

広告

料金はさまざまです

新聞や雑誌などには、いろいろな企業のいろいろな商品の広告が載せてあります。こういった商品の広告ではなく、個人や団体の意見や思想を知ってもらうために載せてある広告を意見広告と呼びます。通常の広告と同様に意見広告も新聞社や雑誌社の了承を得て、載せてもらうことになります。当然どのページに載せるかによって料金は変わってきますし、大きさによっても異なります。また、同じ新聞社でも地域によって料金が異なる場合があります。当然、お金を払えばどんな意見広告でも載せてもらえるというわけではありません。新聞社や雑誌社の理念に反しないことが条件です。どんな風に載せたいのか、新聞社や雑誌社のスタッフと話し合います。新聞は、紙面の質が良くないので、細かすぎたりすると伝わりにくいということもあるので、読者に読みやすいように修正が入ることもあります。意見広告なので、自分たちの思いを文章にすることが大切ですが、それ以上に読者に読んでもらうための工夫も大切です。そのためには、意見広告といえどもデザイン性が求められます。新聞社によってはデザイナーを用意してくれるところもあるので、一緒に考えることもできます。意見広告の内容によっては、新聞社や雑誌社のイメージアップにもつながることがあるので、通常の広告よりも料金が低くなることもあります。また、現在はクラウドファンディングで資金を集めるといった方法も人気です。クラウドファンディングを利用する場合は、新聞社が主体となって行っているところを選ぶと、進行がスムーズになります。